« 古いニッカド充電池の発掘と充電 | Main | 前世紀の遺物、超古代の絵図を発掘 »

2019.07.10

USB扇風機で色々遊ぶ

100均の300円USB扇風機を3種ゲットしたので色々紹介します。

まずは、スリムタイプ

Ph_584Ph_585

軽くて背が高いのでちょっと不安定感がある。

単4電池3個使えるが蓋がねじ止めなのでちょっと使いにくい。

羽根の曲げ具合を自分で調整するのが難しくて風が弱い感じ。

Ph_586

電流が0.5A流れるので、PCからはギリギリか。

 

次にチューリプ型

Ph_587Ph_588

背が低く安定感があって見た目もかわいい。

音もそれほどうるさくないので普段使用にしている。

電流は0.4Aなので、PC電源でも余裕がある。

Ph_592Ph_596

単3電池3本で動くので、タブ付きニッカド電池を入れてみた。

底に幅広ウレタンクッションテープを張り付け振動防止と安定感向上を図った。

 

DC-DC昇圧基盤を使って回転数制御してみた。

Ph_590Ph_591

ボリュームで 3.44V から 7.15V まで可変できる。これはいい。

ケース付きならこのまま実用になるのに。

 

ニッカド電池で回してみた。

Ph_593

一応回っているが、写真を撮っている間に回転が凄く落ちてしまった。

十年以上も放置したのだから、1回充電しただけでは回復しないか。

果たして回復するだろうか。

100均の充電器では2本しか充電できないのでひたすら忍耐ですね。(^^;

#本末転倒だー

 

最後に最近ゲットしたUSB扇風機を紹介します。

Ph_594Ph_595

見た目は本格的で、これで300円で作れるの?

ゴム足は緩いので、そのままだとずれまくって使い物にならない。

ゴム系接着剤で固めたけどゼリータイプの瞬間接着剤がよさそう。

電流は 0.17A で、3製品の中では一番省電力だが、風は一番強い。

暑くなったら活躍しそうです。

 

以上、USB扇風機の3種盛りでした。

 

|

« 古いニッカド充電池の発掘と充電 | Main | 前世紀の遺物、超古代の絵図を発掘 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 古いニッカド充電池の発掘と充電 | Main | 前世紀の遺物、超古代の絵図を発掘 »