« 電話子機の死んだバッテリーが復活 | Main | 古いニッカド充電池の発掘と充電 »

2019.07.06

死んでいる単3ニッケル水素電池の充電

今日は放置して完全放電してしまい充電できない、おそらく寿命で死んでいる単3ニッケル水素電池の充電をしてみた。

手元にあるものだけでなんとかするために、

300円USB扇風機の電池ボックスを利用し

針金(鉄芯)の先端を挟み込み

100均の充電池で試してみた。

1.2V 1300mAh の容量です。

 

針金は抵抗が大きいので、1.7V まで電圧を上げた。

元の電流値で、5V 0.7A まで上げたら電池が熱くなってきたので終了。

 

Ph_574

 

電池チェッカーで確認すると、正常値になりました。\(^^)/ やったぁ

つぎに、エネループの充電池でやってみた。

 

Ph_569

 

こんな感じに、同じようにやってみたけど、どうも回復しない。

寿命なのかな?

 

針金はさすがに抵抗が大きくてうまくないので、インターホン用の単芯ケーブルがあったのを思い出し、

ケーブルを差し替えた。

Ph_573

 

うーん、やっぱり回復しないなぁ。

 

その後、家探ししたら、100均の充電器を発見!!

また、単3の電池ボックスも見つけたので、組み替えました。

ここまではんだ付けなどは一切なし。(^^;

 

Ph_575

 

どうせ寿命なら思い切って電流を上げてみることに。

最大1.7V 0.8A まで上げてみた。

 

ちょっと放置していたら電池が凄く熱くなっていたので慌てて終了。

電池チェッカーで確認したら、正常値になりました。(^^;

 

|

« 電話子機の死んだバッテリーが復活 | Main | 古いニッカド充電池の発掘と充電 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電話子機の死んだバッテリーが復活 | Main | 古いニッカド充電池の発掘と充電 »