« 検証、型番とLED | トップページ | 10mのUSB延長ケーブル製作 »

2020/03/18

解熱剤は必要?

最近見た2chのニュースで、気になる情報があったので、備忘録として張り付けておきます。

 

 

「イブプロフェンで悪化」「エアロゾル=空気感染」は誤り!? 新型コロナめぐる“真偽不明”情報に注意

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584431035/

 

 

先週末には、フランスのオリヴィエ・ヴェラン厚生大臣の「感染者が(イブプロフェン、コルチゾンなどの)抗炎症薬を服用すると感染を悪化させる要因になる可能性がある。熱がある場合は、アセトアミノフェンを服用してください」というツイートに疑問の声が上がり、ウィーン大学がこの内容を否定、ドイツ連邦保健省も“情報はフェイクだ”と注意喚起している。

 

34名無しさん@1周年2020/03/17(火) 16:55:01.82ID:d/eixkUW0
>>1

イブプロフェンは、むしろ、「男性の睾丸」に副作用が確認されており、男性側の不妊原因になるそうなので、
いずれにせよ、アセトアミノフェンにしておいた方が良さげ。。。
子供欲しい男性はね。。。

 

252名無しさん@1周年2020/03/17(火) 18:31:20.50ID:824NuSfH0

解熱剤は必要? 飲むタイミングは? 内科医が教える風邪で発熱時の対処法
https://wotopi.jp/archives/81113

風邪で発熱するととてもしんどくなりますが、泉岡医師ははじめに、「熱が出るのは、ウイルスや細菌に感染したときです」と話し、その理由についてこう説明をします。

「ウイルスや細菌は、我々の体温が38.5度以上になるとたいてい死滅します。そのため脳と体は、体内に入ったウイルスや細菌と闘うために体温を上げて、
白血球の働きを活発にします。そうして免疫機能を高めます。つまり発熱とは、生体の防御反応のひとつなんです」

発熱は、体がウイルスや細菌をやっつけようとがんばっている状態ということです。では、解熱剤はすぐには飲まないほうがよいのでしょうか。

「熱が上がりだしたとき、37.5度までの微熱状態のとき、ぞくぞくと悪寒がして熱が出る予感がする段階では、解熱剤を飲んで体温を下げると、
ウイルスや細菌が死滅せずに風邪が長引きやすくなります。この段階では解熱剤を飲む必要はありません。

 

254名無しさん@1周年2020/03/17(火) 18:32:29.60ID:xweexlUQ0>>257
イブプロフェンに関してはインフルエンザ脳炎もあるし、妥当だけどね
ウイルスが脳関門を通過するということだから

やべえ感染症流行中は、イブプロフェンに限らずアスピリンとロキソニン系の強いのは禁忌、アセトアミノフェンだけが比較的安全で使用可能なのは常識。
コーチゾンってステロイドだよな。医師の監視下じゃない限り内服=全身投与はは危険って、CDCもWHOもSARSのときから言ってるだろうが。


ロキソプロフェン、イブプロフェン、ジクロフェナク、インドメタシンとか全部ダメ。


アセトアミノフェン一択

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

イブなんとかいう頭痛薬のことですかね。

以前飲んだことがあるけど、あまり効かないというので、うちはバファリンA使用してます。

まだ残っていたら、飲まないように気を付けなくては。

 

未確認ですが、風邪薬にも入っているそうです。パブなんとか?

 

風邪で熱があっても、やたらに解熱剤とか使わない方が良いとは思います。

特に今はね。

 

真偽不明の情報ではありますが、飲まないで済むならなによりです。

 

私は今年も風邪を引いたり、今は花粉みたいで目がしょぼしょぼしますが、薬は飲んでいません。

 

 

|

« 検証、型番とLED | トップページ | 10mのUSB延長ケーブル製作 »

コメント

フェイクニュースの主舞台は、現在はSNSに移ったようですが、2chや5chというのも
「“真偽不明”情報」の巣窟だという伝統があったはず。
むしろ、そこの住民には「俺たちは“真偽不明”情報拡散のプロ」というプライドが
あるのではないか、というのは私の偏見ですが。
なので、こういうのをそのまま貼り付けると、貼り付けた人(konnoさん自身)の
信憑性が疑われかねることになったりして。
もし内容が重要だというのなら、ご自身の言葉で書き直されるなり、さらにその元情報の
ほうを引っ張ってくるとか。最も、その元情報からして妖しげなサイトのこともありえる
というのが最近の困った現実かもしれません。

投稿: としき | 2020/03/18 12:33

泉岡医師の話は私は本当だろうと思いました。
疑う人は自分で検索して確認すればいいと思います。

イブプロフェンの副作用は、ヤバいと私は思いました。
今回の新型ウイルスは免疫ができないとも言われているので、相性最悪だと思います。
高熱が出る前に服用するのは絶対ダメだと思います。

タミフルなどで子供が異常行動起こすのも、体が熱を出してウイルスをやっつけようとしているのを強制的に熱を下げてしまうから、脳が混乱して異常行動するのではと思っています。
抗生物質の類も本当に必要な時以外は使いたくないです。

投稿: konno | 2020/03/21 22:13

私が最初に思ったのは、自分の言葉の部分よりも、なぜ引用部分のほうが多いのだろう、ということ。
もっぱら著作権的な意味ですね。
次に、怪しいともっぱらの評判である2ch/5chが引用元である、というのはどういうことだろう、ということ。
そして、書かれていることはおおむね、私の既に知っていたことには反していないので、おそらく正しいの
だろうな、とは思ったのですが、念のため検索して確認はしました。

風邪の薬と水虫の薬は、発明できたらノーベル賞、というのは私の小学生時代の話ですから40年も昔のこと
です。でも、いまだに有効な風邪薬はなくて、対症療法が中心。実際、旧型コロナウイルスに効く薬も
ありません。そして「風邪は万病の元」という言葉のとおり、毎年多くの人が、風邪が原因で死んでいます。

その後、私が10代だったか20代前半だったか、まだインターネットが普及する前の時代。
当時の最新の知見として、体温の上昇がウィルスの撃退になぜ有効か、というのを読みました。
その説によると、体温が上がれば上がるほどウィルスは鉄分を要求するけど、患者の体のほうが鉄分を
供給しないのでウィルスの数が減っていく、ということになっていました。
その後、この説が否定されたか肯定されたかは知りませんが、それを読んだときは、なるほどと思いました。

ついでに、正しいか正しくないかを私自身が知らない説をもう一つ。
かつて、水銀体温計は多くの場合、目盛りの最高は42度。
これがなぜかというと、体温が42度を超えると脳にダメージがあるので、その場合はすぐに救急搬送が必要。
もしそれに時間がかかるようなら、強力な解熱剤、いわゆる頓服を躊躇なく投与することが必要。
という話を、これは親か祖母から聞いた記憶がある。
ちなみに私の祖母は、薬剤師の資格は持っていないけど、山梨の県立病院の薬局で医療事務をやっていた
ことがあるので、現在では正しくないかもしれないけど当時は正しいと思われていた、という知識は豊富
なはずなので、私は割と信じていました。

解熱鎮痛薬については、私の子供のころ、両親はバファリン、たまにノーシン。
そして祖母はセデス派。
なので、私は子供のころ、発熱では医者の薬しか飲まなかったけど、熱のない頭痛の際はそれらの薬を
飲んでいました。ところが、なぜか私の場合、セデスはよく効いたけど、バファリンはほとんど効かず。
たまたまかもしれませんし、正のプラシーボ効果と負のプラシーボ効果かもしれませんが、二十歳過ぎまで
そういう状況が続いていました。
その後、20代から30代にかけて頭痛薬遍歴を行い、イブプロフェンその他、当時の薬局で手に入る頭痛薬を
一通り試して、40代以降はバイエルのアスピリンを愛用しています。
ただ、konnoさんと同じ考えというか、ちょっとした症状のときに安易に服用することは控えています。
とはいえ、鎮痛薬は頭痛以外の腰痛その他の痛みのときにも服用したいんですよね。
なので、なかなか難しいものがあります。

投稿: としき | 2020/03/22 00:33

私の記憶では、42度を超えるとたんぱく質が固まるので死んでしまうと思っていました。
だから、40度を超えると危険な状態なので、直ちに熱を下げなければいけないかと。

で、検索してみると、普通はどんなに熱が出ても41度以上にはならないみたいです。
でも、40度以上の熱が数時間続くと脳がダメージを受けるので危険だそうです。

解熱鎮痛剤は人によって効く効かないの相性があるんでしょうかね。

投稿: konno | 2020/03/23 02:09

読み返してみたら、誤解してそうな部分があったので追記。
タミフルに解熱作用はありません。
タミフルに限りませんが、いわゆる抗ウイルス薬というもののほとんどに解熱作用はありません。
基本的には、ウィルスの増殖を抑える作用だけ、とか、細胞への感染を抑制するだけ、とか。
ウィルスを減らすことすらしない。
増えなくなったウィルスを減らすのは、基本的に免疫のお仕事だったりする。
なので、熱が下がるとしたら、それは免疫のシワザ。
ほら、免疫って、時々、余計なことをするじゃないですか。アレルギーとか。

ただ、タミフルの場合、増殖抑制の際に神経系にも作用するので異常行動の元になる可能性がある、らしい。
とはいえ、元々、高熱の際には異常行動が出るもので。
なので、一応、数字的には、異常行動の増加は1%程度、ということにはなっている。
でも、なんとなく、これ、大人も含めてのデータのような気がする。子供だけかもしれないけど。

と、ここまでは、元ネタはほとんどwikipedia。
違う人は違うことを言うかもしれないので、何を信用するかは大切なところ。

余談ですが、抗生物質は、私も最後の手段としておきたい人間です。

投稿: としき | 2020/04/03 14:32

としきさん、なるほどです。
タミフルについては誤解していました。
でもあまり効かないようなのに副作用はあるみたいなので、使いたくはないですね。

投稿: konno | 2020/04/14 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検証、型番とLED | トップページ | 10mのUSB延長ケーブル製作 »