« 2020年5月 | トップページ | 2022年11月 »

2022/01/09

安価なPC+ミニコンポで動画音楽を

3年前、安価なPCで 動画音楽を楽しむために中古のミニコンポを¥524で買いました。

詳しいことは、掲示板 #8033 安価なPCは音がしょぼい 18/08/13 に書いています。

 

41cz6t2pbl_ac_

仕様

ケンウッド RXD-SG3MD 1999年5月発売
アンプ部 実用最大出力:15W+15W(EIAJ 6Ω) 周波数特性 AUX:20Hz~20kHz(+0dB、-3dB)
定格消費電力:36W 最大外形寸法:幅180mm 高さ257mm 奥行275mm 質量 (重量):5.1kg (正味)

 

それなりに満足して使っていたんですが、年末の大晦日に故障してしまいました。

電源ランプは点いていますが、パネルの表示が消えてうんともすんとも言いません。

中古だし、ハードオフで別のを買った方がいいかと思って正月明けるのを待っていましたが、ハードオフって年中無休だったんですね。(^^;

 

それで早速近場の2件を巡って、見た目の良さそうなのを買ってきました。

 

Es_3md_02

 

¥1100でした。

 

仕様は

ケンウッド ES-3MD-N(ゴールド) 2003年モデル
実用最大出力5W+5W(JEITA 4Ω)
AUX入力1系統 サブウーファープリアウト EX.BASS/トーンコントロール
定格消費電力 33W 待機時消費電力0.25W以下
最大外形寸法 本体部:W115×H210×D276.7mm 質量 本体:3.8kg

 

スピーカをケーブルで直結するタイプにこだわったので、何も見ないで買ったのですが

ワット数が15Wから5Wにダウンしてしまいました。(^^; シマッタナァ

 

早速繋いで音を鳴らしてみると、結構よさげな感じに思ったんですが

家人が言うには、音が変わった、前の方が良かった、みたいに言われました。(^^;

 

まあ、せっかく買ったのだし、しばらくはこれで様子を見ることにします。

 

前のコンポはゴミに出すのももったいないので暇を見てバラシてみようと思います。

 

| | コメント (0)

2022/01/06

見た目が同じようなカラー抵抗とインダクタ

久しぶりにブログを見に来たら、2年前の記事にコメントが付いているのに気が付きました。(^^;

2020/02/11 100円ソーラーガーデンライト

 

そこで追記に書いた内容が

 



2022年1月6日 追記

 

__さんより、ご指摘がありました。

 

> ここで抵抗と言っているのは、写真を見るとその太さからインダクタですね。カラーコードから12µHに見えますね。

> 白色のLEDの駆動には3V程度は必要なので、1.24VというNiMH電池では光らせることができません。

> そのための昇圧にはLかCが必要になり、Lを使う方が一般的です。

> 2年程前の記事なので、多分、既に誰かからの指摘があったのではと思いますが・・・。

 

__さん、ご指摘ありがとうございます。

私はこの形状とカラーコードは抵抗しか知りませんでした。
同じような見た目のインダクタがあるとは初めて知りました。

確かに、1.2V電源で抵抗だけでLEDを光らせられるのか疑問には思ったんですけどね。
勉強になりました。

 

これです。

見た目が同じような抵抗とインダクタをどうやって見分けるか、検索してみました。

 

 

電気電子工作の部屋  のサイトの

参考資料の小部屋  の中の

203 インダクタンス表示例  のページの一部引用します。

 

カラーコード表示の例としてアキシャルリードタイプのインダクタや卵形インダクタがあります。 以下、これらの読み方について記載します。

 

2.1 アキシャルリードタイプ

 


 アキシャルリードタイプインダクタは抵抗のような形状をしています。 一見して抵抗のように見えますがインダクタです。 テスターで抵抗値を測定すれば低抵抗値ですので区別は付くと思います。

 


 

【 アキシャルリードタイプ サンプル品外観 】

 


 このタイプのカラー帯の意味は下記のようになっています。 物によって3帯タイプと4帯タイプがあります。 カラーコードについては上記表1を参照して下さい。

 







【 4帯タイプ 】



【 3帯タイプ 】

 


 上記サンプル例での読み値は下記のようになります。 数値部、乗数の組み合わせ読み方は下記を参考にして下さい。

 


左上側



黄-紫-茶-銀



47 × 10 = 470μH


左下側



黄-紫-金



47 × 0.1 = 4.7μH


右側



茶-緑-金



15 × 0.1 = 1.5μH

 

引用ここまで -----------------------------------------------------------------

 

なんとまあ、カラー抵抗とそっくりですね。

ちょっとずんぐりしているかなという程度で、見た目だけでの判別は難しそうです。

コイルなので、抵抗値がほぼゼロということで抵抗値を測定すれば良さそうです。

 

私は今まで知りませんでした。

皆さんは常識でしたか。

 

尚、リンク引用したサイトは、とっても内容が充実しているようです。

 

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2022年11月 »