2024/04/24

STIMEでリアルタイムのタイマー

STIMEでリアルタイムのタイマー機能を追加しました。
きっかけは白内障の手術です。
術後点眼薬を3種類1日に4回または2回挿すことになりました。
3種類を5分間隔で、4時間以上空けて1日に4回を毎日3カ月間続けるのです。

忘れっぽい私は、STIMEのタイマー機能を使えば点眼管理が楽になると思ったのですが
キーを押した時に経過時間を表示するだけの簡易タイマーなので、あまり便利に思えません。
経過時間をリアルタイムに表示出来れば便利だろうと思い、機能追加しました。

 

 

以前はこのように2系統のタイマーを2列表示

Cal41

Syime51

リアルタイマーは上下2系統にし、黄色で表示します。


これで5分間隔の点眼は便利になったのですが、4時間以上経過したかわかりにくいので
アナログ時計にマーキングすることを思いつきました。

 

Syime56


黄色の丸が [F06] で、ピンクの丸が [F07] です。
時計の丸枠に掛かっている丸は短針の位置で時間を示します。
時計の丸枠の内側の丸は長針の位置で、分を示します。

やってみると、分の表示はごちゃごちゃしてわかりにくいですね。
そこで、5分とか指定時間が経過したらカラー表示で知らせるビジブルベルを追加。

 

Syime57

 

指定所間を経過するとカラーバーを色を変化させて表示します。

[ESC] でカラー表示のビジブルベルを解除できます。
時間など各種設定のために、STIME.DAT で設定できるようにしました。

 

MS-DOS Playerではこのように表示します。

Syime558

 

これだとPC画面の隅に1文字分でも表示させておけばほかの作業中でもわかります。

これはいい!

 

| | コメント (1)

2023/12/20

パソコンBASIC命令互換表

最近 BASIC のプログラムを弄っているので、腐海に埋もれている参考書類を発掘しています。

長年埋もれていた中でまず見つけたのがこれ

パソコンBASIC命令互換表です。87年版

 

表紙

Dsc_0190

 

裏表紙

Dsc_0191

¥1200

 

各社のBASICの構文を詳細に比較しており、326ページもあります。

1987年の書籍なので、裏表紙には東芝のビジネスパソコン PASOPIA1600の広告が載っていますね。

 

掲示板でのとしきさんとのやりとりで
#10968:Re^6: アナログ時計とカレンダのアクセサリ 11月24日版  投稿者:konno   2023/12/05(火)
からのツリーで

> > > 当時、「各種BASICの違い」みたいな記事があって、参考に成りました。どこ行ったかなぁ。
> >
> > うちの、1985年ごろのベーマガに、その手の記事がありました。
> > ただ、多くの機種を対象としていた関係で、1機種あたりの分量はたいしたことは
> > ありませんね。
> >
> もしかしたら私もその本を読んだのかもしれませんね。

こんなふうに言っていましたが、読んだのはこの本でした。
これからは本格的に BASIC の話題を出していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2023/12/08

STIME.EXE 12月08日版

DOSVAXJ3 の VGAで動くアナログ時計とカレンダのアクセサリです。
STIME.EXE 12月08日版をアップしました。

・NCPATH= でデータファイルの置き場所を指定してください。末尾に "\" が無ければ追加します。

・DOSVAXJ3 を起動したら、chev jp でVGAモードにして、STIME.EXE を起動してください。
・MS-DOS Player では、chej jp でVGAモードにします。文字のデジタル時計とカレンダのみ表示します。
・VTDOS では動作しません。

更新履歴

231208

・環境変数 NCPATH でデータファイルの置き場所を指定。指定無しならカレント
・春分、秋分の日を自動計算

・デジタル時計とカレンダ大の文字を2バイト文字に。
・[↑↓]キーで前年・次年 [←→]キーで前月・次月のカレンダーを表示

これでカレンダマクロに対抗できるでしょう(笑)

[←→]キーで前月・次月のカレンダーを連続で何年分もやるとエラーになります。
もしかしたらループのつじつまが合っていないのかも。
バグ入りなので、ご使用は自己責任でお願いします。

自作、改作アプリの放置部屋に置いてあります。


春分、秋分の日を自動計算する計算式は ネットから拾いました。

> Excelでこれらの日付を求めるには、以下のようにDATE関数とINT関数を数式に組み合わせます。
 春分の日

=INT(20.8431+0.242194*(年-1980))-INT((年-1980)/4)

 秋分の日

=INT(23.2488+0.242194*(年-1980))-INT((年-1980)/4)


この式がそのまま使えました。ありがたいです。

 

DOSVAXJ3

Stime3

 

MS-DOS Player

Stime3d

 

| | コメント (0)

2023/11/24

アナログ時計とカレンダのアクセサリ 11月24日版

アナログ時計とカレンダのアクセサリ 11月24日版です。

 

Cal231124

 

今回の更新内容は

・新祝日法に対応したつもり。
・見栄えも多少直しました。
・カレンダー大の日付の文字を2バイト数字にして見やすく。
・キーによるカレンダーの年月変更機能追加。

・MSDOS Player でもカレンダー表示出来ます(chej jp の時)

・今回からソースも付けます。


新祝日法への対応はEMMETさんとめざらさんのマクロを参考にしました。
先人の知恵に感謝です。m(__)m

カレンダー大の日付の2バイト数字は、TBASICのころは出来ていたのです。
PRINT CDBL$(RIGHT$(STR$(I),2))
のように半角文字を2バイト文字に変換するコマンドが使えたのです。
ターボBASICは英語版なのでそんなものは無く、移植時に半角数字にしたのでした。
今回一念発起して対応しましたので、興味ある方はソースを見てください。

キーによるカレンダーの年月変更機能追加は、カレンダマクロで出来ているので
このくらいは出来ないと張り合えないなぁ、と思ったのです。(張り合ってどうする)(^^;

F11: 前月 前月のカレンダーを表示
F12: 次月 次月のカレンダーを表示
[Ctrl]+[←] 前年のカレンダーを表示
[Ctrl]+[→] 次年のカレンダーを表示

本当は [Ctrl]+[F11~F12] で前年と次年のカレンダーを表示したかったのですが、
DOSVAXJ3 ではこのキーが(BIOSレベルで)反応しないのでしかたなくこうしました。

なお、変更前のソースを大量にコメントしているので非常に見づらいです。
TAGLIGHT.EXE をお使いの方は TAGLIGHT.PAT に

#BASIC用
:BA,
A    '   \C\$

これを追加すれば非常に見やすくなります。
TAGLIGHT.PAT についてはバッファ制限があるので近々記事を書くつもりです。


自作、改作アプリの放置部屋  に置いてあります。

 

| | コメント (0)

2023/11/17

アナログ時計とカレンダのアクセサリ

DOSVAXJ3のVGAで動くアナログ時計とカレンダのアクセサリをアップします。

きっかけは、最近文字が見えづらくなって、デジタル文字の時間がパッと読めなくなったことです。

大きなアナログ時計がパソコンで常駐出来ればなぁ・・・・

 

そうだ! 昔作った時計のアクセサリがあるじゃないか!

DOSVAXJ3で常時表示させておけば便利かも。

ということで、この古いプログラムの復活計画が始動したのでした。、

お茶を1分蒸らす時やカップ麺の3分などチェックできるタイマー機能もあります。(^_^)

 

現状データファイルの置き場所指定できないので、カレントに全部置いて使ってください。

DOSVAXJ3を起動したら、chev jp して、ファイル群のあるフォルダをカレントにしてから起動してください。

 

STIME.EXE を起動すると

 

Time1

このようにアナログ時計を表示します。

[F1]キーを押すと

Time10

このように大きなカレンダを表示します。

休日も表示します。

[F2]キーを押すと

Time2

このように、次月まで表示します。

誕生花と日程も表示されました。

これらは2度キーを押さないと表示しないようで、バグですね。まあおまけですので。

 

[PGDN]を押すと、押すたびに時計が拡大します。

Time4

[PGUP]を押すと、押すたびに時計が縮小します。

[ALT]+[F2]を押すと、秒針が太くなります。

[ALT]+[F4]を押すと、時分針が青くなります。

Time6

青い色を付けると、色が残ることがあります。

また、色付きの時は秒針が十字の位置で消えることがあるので太い秒針を用意しました。

SIN,COSの計算精度かPAINTの影響か、DOSVAXJ3 との相性か、わからないです。

簡易タイマーも2系統あるので、作業時間をチェックするとかに使えます。

 

簡易的な機能説明書も同梱したので、色々弄ってみてください。

 

自作、改作アプリの放置部屋  に置いてあります。

 

 

11月18日 追記

いくつか間違いなど修正したのでファイルを差し替えました。11月18日版をお使いください。

todayx.bat は、実際には today2.bat で動いていたので、表記やファイル名を today2 に統一しました。

sedit.bat は、常駐VZから STIME.EXE を起動して BAT でVZを呼ぶと上手く動かないようです。
JED などのフリーのエデイタを指定してください。
常駐VZで上手く動かす方法、ありましたっけ?

# 常駐VZを使いたいのに本末転倒のような。(^^;

 

 

| | コメント (0)

«仕事の為に買ったパソピア7